渡辺翔太はめちゃくちゃシャイ!『映画 おそ松さん』プロデューサーが語る印象

製図用品 2022-03-26 13040 0

渡辺翔太はめちゃくちゃシャイ!『映画 おそ松さん』プロデューサーが語る印象

    渡辺翔太はめちゃくちゃシャイ!『映画 おそ松さん』プロデューサーが語る印象人気アニメ「おそ松さん」を実写化した『映画おそ松さん』で、映画オリジナルキャラクターのエンドを演じる渡辺翔太(Snow Man)のことを「めちゃめちゃシャイな人」と菅原大樹プロデューサーが語った。本作で

渡辺翔太はめちゃくちゃシャイ!『映画 おそ松さん』プロデューサーが語る印象

    

渡辺翔太(前列、右から2人目) - (C) 映画「おそ松さん」製作委員会2022

写真拡大

 人気アニメ「おそ松さん」を実写化した『映画 おそ松さん』で、映画オリジナルキャラクターのエンドを演じる渡辺翔太(Snow Man)のことを「めちゃめちゃシャイな人」と菅原大樹プロデューサーが語った。

    

 本作では、20歳を過ぎてもニートの松野家の6つ子、おそ松(向井康二)、カラ松(岩本照)、チョロ松(目黒蓮)、一松(深澤辰哉)、十四松(佐久間大介)、トド松(ラウール)が、大企業のCEOの養子になるために争うことになる。

    

 養子となり勝ち組に人生を送ろうと奮闘する彼らの前に、物語終わらせ師のエンド(渡辺)、クローズ(阿部亮平)、ピリオド(宮舘涼太)が登場し、物語は思わぬ展開を迎える。

    菅原プロデューサーは、渡辺ふんするエンドについて「なんだかんだでおいしいところ持っていきます」と見どころを語る。

    

 また、撮影を通じて渡辺について「めちゃめちゃシャイな人」と感じたそうで、「会話が成立したときは嬉しくなります。

    『あ、ちょっと心開いてくれたっ!』って(笑)」と撮影で少しずつ距離を縮めていったという。

    

 渡辺自身は撮影を終え、「印象深いシーンは、後半のシーンの撮影で笑いをこらえるのに一番苦戦しました。

    意外なメンバーの発見は、終わらせ師の阿部ちゃん。

    阿部ちゃんが僕のイメージだとインテリのイメージ、賢くてっていうイメージが強くてコメディーのイメージがあんまりなかったんですけど一番楽しんでた。

    思った以上に笑いに貪欲だったっていうのが一番驚きました」とメンバーの新たな一面を明かす。

    

 さらに、「こういうご時世なので、だからこそこの作品を観て皆さんに笑顔になっていただくことが一番だと思います。

    大変な状況ですけどこの作品を観て笑顔になって1日でもハッピーな気分になっていただけるように僕ら撮影してきました。

    そんなことを思いながら皆さんも観てもらえると嬉しいです」とコメントを寄せている。

    (編集部・梅山富美子)

评论

精彩评论