北朝鮮、新型ICBM「火星17」を24日に発射と発表 米国をけん制か

北朝鮮、新型ICBM「火星17」を24日に発射と発表 米国をけん制か

    北朝鮮、新型ICBM「火星17」を24日に発射と発表 米国をけん制か【AFP=時事】北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は25日、金正恩(Kim Jong Un)総書記の現地指導の下で24日、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17(Hwasong 17)」を発射したと報じた。核抑止力を強化し、米国の「帝

北朝鮮、新型ICBM「火星17」を24日に発射と発表 米国をけん制か

    

大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射実験を前に、ミサイルを視察する北朝鮮の金正恩総書記。</p><p>    朝鮮中央通信(KCNA)提供(2022年3月24日撮影、25日公開)。</p><p>    (c)AFP PHOTO/KCNA VIA KNS

写真拡大

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は25日、金正恩(Kim Jong Un)総書記の現地指導の下で24日、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17(Hwasong 17)」を発射したと報じた。

    核抑止力を強化し、米国の「帝国主義者」をけん制する狙いがあるとしている。

    

 北朝鮮によるICBM発射は2017年以来で、高度も飛距離も従来の実験を上回ったとみられる。

    

 火星17は2020年10月に初公開され、アナリストに「怪物ミサイル」と呼ばれている。

    これまで発射実験が成功したことはなかった。

    

 KCNAは「平壌国際空港(Pyongyang International Airport)から発射されたミサイルは最高高度6248.5キロまで上昇し、1090キロの距離を4052秒飛行し、公海上の予定水域に正確に着弾した」と伝えた。

    

 ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下し、日本政府が非難する事態となった。

    しかし、KCNAは「近隣諸国の安全に配慮し、垂直発射方式で」発射されたと説明している。

    

 KCNAによると、金氏は「(北朝鮮は今や)いかなる軍事的脅迫にも動じない、恐るべき軍事力と技術力を保有」しており、「米国の帝国主義者との長期的な対決に向けて万全の準備を整えていく」と述べた。

    

AFPBB News

■関連記事
・韓国軍、日本海にミサイル発射 北朝鮮のICBMに対応
・金正日氏生誕80年 記念硬貨発行 北朝鮮
・金正恩氏が植樹 北朝鮮

评论

精彩评论