東芝臨時株主総会 経営再建策「会社2分割案」行方は

ノートPC用バッテリー 2022-03-24 75087 0

東芝臨時株主総会 経営再建策「会社2分割案」行方は

    東芝臨時株主総会 経営再建策「会社2分割案」行方は経営の混乱が続く東芝は臨時の株主総会を開き、日本の大企業では前例のない「会社の2分割」を提案しています。しかし、反対する株主もいて波乱含みです。(経済部・進藤潤耶記者報告)東芝の将来を左右する株

東芝臨時株主総会 経営再建策「会社2分割案」行方は

    

東芝臨時株主総会 経営再建策「会社2分割案」行方は

写真拡大

 経営の混乱が続く東芝は臨時の株主総会を開き、日本の大企業では前例のない「会社の2分割」を提案しています。

    しかし、反対する株主もいて波乱含みです。

    

 (経済部・進藤潤耶記者報告)

 東芝の将来を左右する株主総会は24日午前10時に始まって、今は決議前の最後の集計作業が行われているところです。

    

 株主からは分割への賛否や、取締役への不信など時折強い感情のこもった声が響きました。

    

 東芝の株主:「メリット・デメリットが素人にも分かるように説明してほしい。

    賛成の人・反対の人の立場からちゃんとした話を聞きたい」「(Q.会社分割案について)なぜ反対って、東芝が、ばんばか分かれちゃう。

    そんなの大体おかしいんだよね、一生懸命、皆やってきたんだから」

 最大の焦点である「分割案」には大株主の海外ファンドらが反対を表明するなど、東芝関係者は全く予断を許さない状況とみています。

    

 さらに、海外ファンドは「株式の非公開化すなわち上場廃止など」を求めるなど、24日の結果次第では一層混乱が深まる可能性もあります。

    

 今回の議決に法的な拘束力はありませんが、仮に分割に反対となれば、東芝は方針の見直しを迫られ再建の道は振り出しに戻ります。

    

 賛成多数でも、僅差であれば、海外ファンドが次の総会、6月にまた別の案を出してくるという見方もあります。

    

 2015年の不正会計問題以降、揺れ動く東芝はどうなっていくのか、まもなく決議が出る予定です。

    

评论

精彩评论