ドラクエファンが作った時計が話題 きっかけは「問題」解消のため

メモリーカード 2022-03-26 54774 0

ドラクエファンが作った時計が話題 きっかけは「問題」解消のため

    ドラクエファンが作った時計が話題 きっかけは「問題」解消のため「ドラゴンクエスト」と言えば、過去に多くのシリーズ作品が発売されていますが、その中でも軸となるのが1~11までのいわゆる「ナンバリングタイトル」。これらを実際に使用した、ユニークな時計のファンアート作

ドラクエファンが作った時計が話題 きっかけは「問題」解消のため

    

 「ドラゴンクエスト」と言えば、過去に多くのシリーズ作品が発売されていますが、その中でも軸となるのが1~11までのいわゆる「ナンバリングタイトル」。

    これらを実際に使用した、ユニークな時計のファンアート作品が注目を集めています。

    

 壁一面を利用した時計の、数字の部分に置かれているのは、歴代のゲームソフトの現物そのもの。

    ずらりと並んだタイトルパッケージから、ブランドが積み重ねてきた、歴史の重みを感じます。

    

 自宅のダイニングに「ドラクエ時計」を作り上げたのは、ツイッターユーザーの「ぷ」さんと、小学3年生の長男さん。

    自身はもちろん、息子さんもドラゴンクエストの大ファンです。

    

 さらにぷさんの父までも同シリーズのファンで、時計にディスプレイされている1~5までのタイトルは、ぷさんが父から譲り受けたものなのだそう。

    ちなみに12は未発売であるため、現在は代わりに「ドラゴンクエストヒーローズ」の1と2が置かれています。

    

 作品制作のきっかけは、ゲーマーであれば誰もが一度は経験したことがあるのであろう、「ケースの中に違うソフトを入れていた問題」を解消するため。

    

 使った後、きちんと元に戻さない長男さんに対して注意をしたところ「かっこよくしまえたらちゃんとしまうのに」と言われ、文字盤をドラクエにした時計を作ることを思い付き、夏休みの自由課題として制作することに。

    

 ただ制作を行うだけでなく、分度器やコンパスを用いて時計の作りや、文字それぞれの配置角度を求めるなど、きちんと課題としても取り組んだ様子。

    

 出来あがった設計図を元に、木材を切ったり、壁に打ち付けたりという作業はぷさんが、組立て、ヤスリがけ、壁紙への印付けといった作業は長男さんが担当。

    よく見ると5の下に黒い手の跡がありますが、長男さんの努力の証として、そのまま残してあるのだそう。

    

 さらによく見てみると、1から5までと、7から11まで、左右で台座の高さを変えるという、見栄えをよくするためのこだわりも。

    これにより、全体のバランスが非常に整って見えます。

    市販されているムーブメントを中心に据え、ドラクエ時計が遂に完成しました。

    

 完成後はとてもうれしそうにしていた、という長男さん。

    いつもはリビングで食事をするそうですが、2週間ほどはダイニングを利用していたのだとか。

    その光景を想像すると、なんだかこちらまで温かい気持ちになります。

    もちろん、「ケースの中に違うソフトが入っていた問題」も解決。

    以降はとても几帳面になったそうです。

    

 今作はシリーズの最新作にあたる「12」の発売、ディスプレイをもって、本当の意味での完成となります。

    

 「13以降が発売されるとしたら、この時計とは別に飾りたいと思います。

    その頃には長男も大きくなっていると思うので、1から5を父が私に譲渡してくれたように、全作品を息子に譲りたいと思っています」と今後の夢を語ってくれたぷさん。

    親子三世代に渡る物語は、さながらドラゴンクエスト5のような壮大なストーリーになりそうです。

    

<記事化協力>
ぷさん(@DQaka_pupupusun)

(山口弘剛)

评论

精彩评论